Now Loading...

新小岩整形外科

院長からのご挨拶

信州大学医学部を卒業し、整形外科医局に入局し、アメリカ留学、関連病院研修にて研鑽を積んで参りました。 基礎研究は軟骨の再生、永久軟骨を維持するメカニズムの解明をテーマとして取り組み、 臨床では外傷一般の研修後は主に人工膝関節、人工股関節を中心とした関節に関する診療、手術を行ってきました。
外傷、変形性関節症などにより一旦軟骨が損傷されると関節軟骨は骨や筋肉などと異なり自己修復がほとんど起こらずに関節水腫、疼痛に患者様は悩まされてしまいます。関節鏡下でのドリリング、マイクロフラクチャー、モザイクプラスティーなどの治療は行われていますが、現状では関節軟骨を正常に再生する治療はまだまだ実臨床段階とは言えず、疼痛をコントロールする治療がメインと成っています。
疼痛をコントロールする治療とは、医師による診断をもとに①薬・注射の処方②物理療法による組織の修復促進・筋の柔軟性の改善③リハビリによる適切な姿勢・動作の獲得・不適切な習慣の改善がメインとなります。
また、近隣手術可能病院からの術後リハビリ、手術回避のためのリハビリのどちらも当院では対応可能であり、リハビリ前後の物理療法によりさらに患者様の症状改善に寄与したいと思います。
大学では、整形外科やスポーツ傷害・スポーツ医学・運動生理学の講義を担当しており、アスレチックトレーナーの育成指導にも力を入れております。
地域の皆様、アスリートの皆様のお力になれれば幸いです。

学校法人 了德寺大学附属 新小岩整形外科
院長 岡部 高弘

最新のお知らせ

診療科目・診療時間

受付時間・診療時間日・祝
9:00~12:30
15:30~18:30

医院情報

当院は労災保険指定医療機関です

学校法人 了德寺大学附属 新小岩整形外科は、「労災保険指定医療機関」に指定されており、業務災害及び通勤災害による療養の給付を受けることができます。
職場や通勤の途中でのケガや病気の方は、まずはお気軽に指定用紙をご持参のうえご来院ください。
治療費は全額支給となり、自己負担はありません。

労災治療について
名称学校法人 了德寺大学附属 新小岩整形外科
診療科目整形外科、リハビリテーション科、ストレスフリー療法
所在地〒133-0044 東京都江戸川区本一色1-21-3
TEL03-5879-2271(代表)
診療時間午前/9:00~12:30 午後/15:30~18:30
休診日日曜日・祝日
最寄り駅JR新小岩駅南口より徒歩14分
■新小岩駅からバスの場合■
JR新小岩駅南口 2番乗り場 【光照寺】で下車し徒歩2分
新71 江戸川スポーツランド(菅原橋・鹿骨・篠崎駅行)
新71 瑞江駅(菅原橋・鹿骨・篠崎駅行)
新小岩整形外科では、建物内に1台、建物に隣接するコインパーキングに5台、計6台の専用駐車場が御座います。
■葛西駅からバスの場合■
葛西駅西口 3番乗り場 【光照寺】で下車し徒歩2分
新小29 東新小岩四丁目行き

当院の特徴

にんにく注射

だるさが抜けない方・よく寝ているのに全然疲れが取れない方・疲れがたまっていても、なかなか仕事が休めない方・お肌の荒れが気になる方など。にんにく注射はこんな方にお勧めです。料金は、お問合せください。

電子カルテ導入

この度、患者様にスムーズに診療を受けて頂くため、電子カルテしております。患者様一人ひとりを大切に、安心して診療を受けて頂くため、日々工夫をしております。今後も地域の皆様に愛される医院を目指していきます。

骨密度測定器

当院では骨粗鬆症の診断と治療にも力を入れております。高齢化社会に伴い、骨粗鬆症の患者様は徐々に増加しています。しかし近年、骨粗鬆症の新薬が次々と開発され、それらの投薬治療を早期に行うことで軽微な外傷での骨折を予防することにつながります。

設備のご紹介
再生医療(PRP(多血小板血漿)療法)の導入

当クリニックでは再生医療法の2種(PRPの関節内投与)、3種(PRPの関節外投与)を取得し、PRPによる再生医療を行うことになりました。
PRPは、自己治癒力をサポートする治療法です。ヨーロッパ・アメリカでよく行われています。
自己血を採血して、自己PRPを作成して局所に注射して治療します。 対象患者さんは、テニス肘、ゴルフ肘、アキレス腱周囲炎などの軟部組織障害のみならず、 膝半月板損傷、変形性膝関節症などの関節内疾患にも臨床使用可能となり、今後の発展に期待が持てる治療となっております。
欧米ではスポーツ傷害にはまずPRPが使用されることが多いですが、当院ではスポーツ傷害のみならず変形性関節症などの慢性疾患にもPRPを積極的に行うことが可能となっております。
日本では、保険診療として認められておらず自由診療となります。